作曲のエンジニアリングラボ(闘病中)

電子音楽を中心としたミックス、マスタリングの実験報告所

スポンサーリンク

【闘病生活3】会社をやめました!!

f:id:ytek:20181128203158j:plain

生きてますよ~

 

そして・・・

 

会社をやめました!!!

 

何で会社やめたの?

 

実をいうとやめたのはもう1ヶ月くらい前になるのでなんか僕としては今更感めっちゃありますけどね

 

独立したの?

 

転職したの?

 

入院してるの?

 

 

この手の宣言をブログでするとプロブロガーになっただとか音楽のフリーランスになったとか吉報が多い気がするのですが、僕は今だたの無職です

 

会社をやめた理由としては単純に持病が悪化したためです

 

その辺のことは作曲で心が消耗してしまっている人へとか【闘病生活2】死にたいと思い続けてきたけど生きてる話の記事とかを見て頂ければ詳しく書いてあります

 

www.ytek303.com

 

www.ytek303.com

 

 

無職ってどんな気持ちなの?

僕の場合は仕事はどうでもいいから早く病気治ってくれって感じですね

 

当然無職になれば固定収入はなくなりますし、それによって買いたいものは買えず行きたい場所には行けずというしんどい状況にはなりますが僕は会社にいたほうが辛かったので辞めると決断してから1ヶ月もかけずに辞めました

 

上司に「はい無理ー!!もう無理ー!!おしまい!!」って言って終了です

 

 

無職って生活費どうするの?

生きてるだけでお金って結構かかるんですよね...

保険料、年金を始めとしてボーっとしてるだけでもお金かかります

 

僕の場合まず医療費に関しては自立支援医療を活用してます

簡単にいうと僕のような長期的な治療が必要であり容態の重い人はその病を治療している医療機関の費用を一般的な人よりもかなり安くしてもらえます

 

役所への申請や審査はありますがお医者さんから診断書が出るようなかたは必ず利用したほうがいいかなと思います

 

www.mhlw.go.jp

 

 

次に国民年金保険料ですがこいつも経済的に厳しい方は保険料免除制度という免除申請が可能です

僕は今その審査中なのですがこれが通れば月々の経済的負担もかなり減らせます

 

※学生の場合は「学生納付特例制度」という制度になります

 

以下のサイトがわかりやすいので是非参照してみてください↓

yakunitatta.info

 

年金とか保険料以外の支出はどうするの?

これはもうぶっちゃけ人に助けてもらうしかないですね

ただ、現状自分の収入が全くのゼロというわけでもないのでそこらへんは互いに話し合って折り合いをつけていこうと思ってます

まずは心身が回復が最優先事項であり、ある程度落ち着いてきたら自分で稼ぐ手段を模索して実行する作業に移る予定です

病気が治ったら社会復帰するの?

まず歓喜の宴をあげると思います

f:id:ytek:20181128202304j:plain

 

 

そしてその後の話ですが会社員にはもうならないんじゃないかなぁ~って思ってます

言い方を変えると僕は"会社員"というカテゴリーに入ると何の役にも立たない劣等性の極みみたいな人材なので仮にまたなったとしても同じ過ちを繰り返す気がしてなりません

 

いずれにせよ今の僕の状態に"ストレス"というものが入ってはならないのでなんか適当に生きていこうと思います

 

今やこれからの時代は生きていく手段というのがかなり多様化していて人に奢られて生きている人もいるくらいですのでその点は面白いなぁと思います

 

会社というもの自体いつ存在が消えるかもわからなくなってますし、凄い時代がやってくるとは感じています

 

ただ、何かしらの専門性を高めておかないと自由に生きるのは難しいのかなとも思うので自分が市場になるくらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません

 

あとは情報戦になることは確実なので自分から新しい情報を拾っていくことは凄い大事だと思います

 

最後に : 健康第一

f:id:ytek:20180901193006j:plain

結局はこれです

健康でなければいくら収入があっても全く楽しくありませんしやりたいことも全然できません

 

ですので今ブラックとかにいる方は全力で逃げることをオススメします

僕のようにいろいろガタが出てからではマジで面倒なことになりますので

 

そしてそういった企業は人が消えれば時代とともに勝手に淘汰されてくのである意味自分第一でいっていい気がします

 

最後になりますが僕は一度も"会社のために"と思って働いたことはありません

今日の晩飯どうすっかなぁーって考えながら働いてきました

 

病に関しては今でも苦しい瞬間は山のようにありますが僕は面白く生きたいのでなんとか生きることだけはやめないように頑張ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク