作曲のエンジニアリングラボ

電子音楽を中心としたミックス、マスタリングの実験報告所

スポンサーリンク

音圧があがらない問題とステレオ感

f:id:ytek:20180718204750p:plain

 

いまだに自分の頭を悩ませる音圧あがらん問題

 

恐らくDTMをやっている人のほぼ全員が一度はこの壁にぶつかっていると思います

てか僕現在もぶつかってます

 

 

 

音圧があがらないのは編曲やミックスが原因

 

多くの場合は原因はマスタリングではなく2mix(マスタリングを行う前のミックス作業まで完了した音源)にあるといわれていますが、もっというとアレンジ(編曲)の段階で問題が生じている場合が結構ある気がしてきました

 

たとえば同時になっている音の数が多いとそれをEQなどでうまいことさばききるのは容易ではありません

凄腕のクリエイターの方々はものすごい音数を使っているので僕も何故か音数多くすればいいのかと思ってやたら音を詰め込んだ曲をつくっていた時期がありましたが、今聴くと音数に対して技術が追いついておらず全部の音がごっちゃごちゃの団子状態(1つ1つの音源の周波数や音量がぶつかり合ってごちゃごちゃして聞こえる状態)になってます

またその音が曲においてどういう役割を担っているのかを考慮して音をつめていかないと返って曲のよさを潰してしまいます

キックやベース、メインメロディーを担う音や和音を担当する音色などなど何故その音が必要なのかを考えてからいれてくのが重要です

 

ですので今の僕はトラック数は本当に必要な数だけに留め、その上で音圧問題を解決しようと模索しています

 

音を左右に広げて聴感上の音量感をあげる

 

ちなみに僕の場合は音のサイドの広がりが他の方に比べて狭いということに最近気がつきました

 

ここではWaves社のPAZ-Analyzerで検証してみましたが音圧ひいては音量感の高い曲は

サイドの成分が非常に多いです

 

・サイドの成分が広い例

f:id:ytek:20181014193319p:plain

 

・サイドがの成分がそこまで広くない例

f:id:ytek:20180718204859p:plain

 

それぞれの画像の下半分が音の広がりを表しています。

良い例ではLeft、Rightの枠を大きく飛びでていてこれがステレオ感→音量感につながっているのではないかと思いました

 

※2枚目の画像は自分のかつて作った曲の2mixです

 

ちなみに僕のDAWCubaseですがある音源に対してパンを完全に右ないし左に振り切ってもこのLeft、Rightの枠は越えません

 

ディレイやリバーブ等の空間系エフェクトやステレオイメージャーなどを駆使して左右のパン以上のステレオ感を出しているのではないかというのが現時点での僕の結論です

 

音圧をあげるときくとコンプやリミッター、ソーセージファットナーなどのディストーションプラグインに目がいきがちなところがありますが、空間を広げるという作業は同じRMS値でも聴感上には大きな差がでますので是非皆さんも検証していただいて僕に情報をください

 

リミッターとかディストーション系についての考察もありますが長くなりそうなので今日はここまでにします

追記 : リミッター考察しました

www.ytek303.com

 

 

スポンサーリンク