作曲のエンジニアリングラボ

電子音学のこととか音楽じゃないこととか書いてます

音の広がりによる音圧の上げ方

スポンサーリンク

f:id:ytek:20180718204750p:plain

 

恐らくDTMをやっている人のほぼ全員が一度は市販の曲に比べてなんだか音が小さいと感じたことがあると思います

原因は無数にあるので一概には言えないのですが音を横に広げる処理をすることによって聴感上の音量感をあげることができるのでその方法について書いていきます

 目次

 

 

音圧が上がらないのは編曲やミックスが原因のケースが多い

 

まず前提として音圧が上がらない多くの場合、原因はマスタリングではなく2mix(マスタリングを行う前のミックス作業まで完了した音源)にあると思います

もっというとアレンジ(編曲)の段階で問題が生じているケースも大いに考えられるでしょう

 

たとえば同時になっている音の数が多いとそれをEQなどでうまいことさばききるのは容易ではありません

凄腕のクリエイターの方々はものすごい音数を使っているので僕も何故か音数多くすればいいのかと思ってやたら音を詰め込んだ曲をつくっていた時期がありましたが、今聴くと音数に対して技術が追いついておらず全部の音がごっちゃごちゃの団子状態(1つ1つの音源の周波数や音量がぶつかり合ってごちゃごちゃして聞こえる状態)になってます

またその音が曲においてどういう役割を担っているのかを考慮して音をつめていかないと返って曲のよさを潰してしまいます

キックやベース、メインメロディーを担う音や和音を担当する音色などなど何故その音が必要なのかを考えてからいれてくのが重要です

 

ですのでトラック数は本当に必要な数だけに留め、その上で音圧問題の解決策を追求したほうがよいと思っています

 

音を左右に広げてステレオ感を強調する

 

さて今回の本題ですが音圧が高い曲というのはひとつの手法として、音を横に広げて聴覚上の音量感を高めるという処理があります

 

ここではWaves社のPAZ-Analyzerで検証してみました

実際分析してみると音圧、または音量感の高い曲はサイドの成分が非常に多いです

 

・サイドの成分が広い例

f:id:ytek:20181014193319p:plain

 

・サイドがの成分がそこまで広くない例

f:id:ytek:20180718204859p:plain

 

それぞれの画像の下半分が音の広がりを表しています。

良い例ではLeft、Rightの枠を大きく飛びでていてこれがステレオ感→音量感につながっています

 

ちなみに僕のDAWCubaseですがある音源に対してパンを完全に右ないし左に振り切ってもこのLeft、Rightの枠は越えません

 

ディレイやリバーブ等の空間系エフェクトやステレオイメージャーなどを駆使して左右のパン以上のステレオ感を出しているのではないかというのが現時点での僕の結論です

またMS処理という手法も考えられますがここでは話をシンプルにするためMS処理については今回は割愛させていただきます

 

音圧をあげるときくとコンプやリミッター、ソーセージファットナーなどのディストーションプラグインに目がいきがちなところがありますが、空間を広げるという作業は同じRMSでも聴感上には大きな差がでますので是非皆さんお使いのステレオイメージャー等を駆使して検証してみてください

フリープラグインですとWiderが非常に音を広げるのに便利なのでおとして損はないと思います

polyversemusic.com

 

RMS値 : 音圧を大きさを表す指標のひとつ

細かい定義は難しいので割愛しますがこの値が大きいほど一般的に音圧が大きい傾向にあります

 

ステレオ感を広げるエフェクターのかけすぎに注意

これはどのエフェクターでもいえることですが過剰にかけてしまうと原音が大きく崩れてしまいます

例にあげたWiderでも簡単に音を広げることはできますがかけすぎると元の音から大きくかけ離れたものになってしまうのでほどほどにしましょう