作曲のエンジニアリングラボ

電子音楽を中心としたミックス、マスタリングの実験報告所

スポンサーリンク

各種リミッター、マキシマイザーによる音圧の差

f:id:ytek:20180721201638p:plain

 

音圧上げでつかう際のリミッター、マキシマイザーの差を検証してみました

 

 

 

比較するリミッター、マキシマイザープラグイン

A.O.M - Invisible Limiter

f:id:ytek:20180721201638p:plain

 

DOTEC-AUDIO - DeeMax

f:id:ytek:20180721201848j:plain

 

Waves - L3Ultramaximizer

f:id:ytek:20180721202053j:plain

 

以上この3つです

 

僕のようなガバ系の曲調をつくっている方々は使っている率高めのものを検証対象としました

L3は正直あまりみかけませんが、他の音楽畑では使われているので実験してみることにしました

 

 

音圧検証する音源

 

今回使用する音源は自分の轟叫という曲になります

soundcloud.com

 

この曲やや昔の曲なので今聴くといろいろつくり直したかったりします

 

さらにこの曲、2017Updateverという音源もありまして

soundcloud.com

 

アップデートしたはずなんですがやはり今聴くとまたつくり直したかったりします

でも当時の自分は頑張ってやってたんだなぁと同時に思うので大切な曲でもあります

今回はこれら2つの2mix音源データを使ってやっていこうと思います

 

※ミックスが少し変わっているため若干聞こえが変わっています

 

 

 

さて、今回の検証では以下の条件を設けました

  • 最大RMS値のだいたいの統一
  • ゲインリダクションのだいたいの統一
  • 44.1kHz,24bitのwav音源

 

 

Invisible Limiterの結果

soundcloud.com

 

最大RMS値は-5.5程度、ゲインリダクションは最大8.8とかなり潰してます

2mixがよくないためかRMS値に反して音圧はあまり出てない感が否めないですね

 

ちなみに周波数分布や空間の密度は以下の通りです

 

f:id:ytek:20180721212129p:plain

 

PHASEの空間はやたら広がってますね

前回の音圧があがらない問題とステレオ感の記事のあとに発覚したのですが空間を宇宙みたいに広げすぎてしまうと

位相のズレが生じてあまりよくないようです

 

以下の記事が参考になりますのでよろしければ見てみてください

 

site2913.com

 

 

DeeMaxの結果

 

soundcloud.com


条件は先ほどと同様ですがなんとなく音圧感はこちらのほうが感じますよね

ただこちらもあまりいいマスター音源とはいえないでしょう

 

空間の密度等はInvisible Limiter時とほぼ同じ結果となったので画像は割愛させていただきます

 

 

L3の結果

上記2つ条件と同じにしようとすると完全に音源がノイズまみれの破綻したものになってしまいましたので音源はあげないことにします...

 

やはりHardcore系とWavesのリミッターは相性が悪いのでしょうか?
くそでか音圧にすることを前提には設計されてないのかいろいろ謎ですが...

 

ちなみに周波数分布と空間の広がりは以下のようになっていました

 

f:id:ytek:20180721213728p:plain

 

最初の2つと異なり音の広がりが大きくないですよね

Invisible LimiterとDeeMaxは潰した分のリバーブ成分などが増幅されて結果的に空間が満たされていると勝手に思っています

 

結果 : 電子音楽ならばInvisible Lmiterが一番安定

さて、音源としては3連敗した感が否めませんがそれは僕がアレンジやミックスをまたゼロから見直していくしかないですね

 

個人的に今回の検証で一番音圧を感じたのはDeeMaxでした

しかしながらDeeMaxもこれ以上あげると位相がくるいはじめてノイズだらけになってしまったのでその点足された音が確認できる機能のついているInvisible Limiterの方が使い勝手はいいのかなぁと思いました

 

Invisible Limiterの機能について以下の動画を参照するとわかりやすいです
今回使用したものとはちょっと違い、Invisible Limiter NANOの紹介動画になっていますが通常のInvisible Limiterにもリミッターで足された音を確認できる機能はあるのでおススメです

www.youtube.com

 

凄腕クリエイターの曲

最後に僕が大好きなアーティストの曲の周波数分布と空間の広がりを分析してみたのですがこんな感じでした
ちなみにドロップのRMS値は-4.4くらいでした

 

f:id:ytek:20180721215658p:plain

 

意外と左右の空間は埋まってませんでした

しかし音源の音圧は凄まじいものがあり僕が前回書いた音圧があがらない問題とステレオ感の記事が墓地に送られそうです

 

ytek.hatenablog.com

ちなみに音源はこんな感じ、クソかっこいいです

www.youtube.com

 

ジャンルにもよると思いますが音の広げすぎは位相が乱れて音像が乱れるということを身をもって知った日になりました

 

これからまたいろいろ情報を仕入れて頑張ります

 

それでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク