作曲のエンジニアリングラボ

電子音楽を中心としたミックス、マスタリングの実験報告所

スポンサーリンク

電子音学と生音音楽の周波数分布

f:id:ytek:20180806195811p:plain

 

どうもY-tekです

昨日とあるイベントにて自分が編曲したボーカル曲を大音量で聴く機会があったのですがそこで鳴りに関していろいろ反省点があったので書きとめます

 

 

 

低域と高域の音のバランス

結論からいうと低域が寂しく、高域がうるさかったです

 

ボーカルの方の歌がよかっただけにオケがそれを邪魔してる感じがしてとても申し訳ない気持ちになりました

他の編曲者さんの曲も歌われていたのでその差は割りとはっきりわかりまして、自分の技術不足に深く反省しました

 

それでは何故そうなってしまったのか周波数分布を実際に見て検証してみましょう

※アーティストの営業妨害になるので今回音源はのせません

 

今回はVoxengoのSPANというプラグインを使用しました

 

f:id:ytek:20180806184407p:plain

 

 画像ですべてを伝えるとこんな感じです

このSPANとプラグインの場合、低域から高域にかけてほぼ水平くらいになれば一般的な歌もの電子ミュージックとしては調度よい感じなのですが、見事に高域の主張が激しいですね

ちなみに検証箇所はボーカルはなくシンセリフがメインのパートです

 

この曲に関しては歌もので全体的にかわいい系の音が多かったためあえてキックとかのゲインはおさえたほうがいいかなと思いやってみたのですが昨日の音の鳴りを聴いて

 

これはまずい...

 

ってなりました

 

前回モニカー環境がこうだ~ああだ~低音の鳴りが違うとかほざいていた僕は何だったのでしょうか?

 

www.ytek303.com

 

とにかくそのアーティストさんが歌っていた他の編曲者さんの曲と比較するとキックの鳴りは残念で高域がシャリシャリしてて心の中でうぉおおおおおおおってなってました

 

電子音楽特有の周波数

さて、いつまでぶつぶつ言ってても世に出てしまったものはもうどうしようもないので

ここで電子音と生音の倍音構成についても書いておこうと思います

 

とりあえずこちらをご覧ください

 

f:id:ytek:20180806192925p:plain

 

これはTK(凛として時雨)というアーティストのunravelという曲のサビ部分の周波数分布になります

この曲は東京喰種トーキョーグールOPとしても有名ですね

 

www.youtube.com

 

めっちゃいい曲で東京喰種トーキョーグールという作品自体も凄く面白いので是非読んだり聴いたりアニメみたりしてみてください

 

さて、これも画像で主張してますが生楽器で構成された音楽には電子音楽と違って存在しない帯域というものがあります

 

それが超音域が顕著であり逆に電子音は上記画像にない帯域が簡単に出ます

 

さらにダンスミュージックのクリエイターは当たり前にやっていることだと思いますが

ディストーションプラグインを挿して倍音を増やすことによって音圧をあげていますよね

 

このことについてまた別の記事で書こうと思いますが、音圧をあげるために行っている処理は高域の倍音を増やしていることが非常に多いです

 

この生楽器には存在しない周波数という部分が電子音学が生音系よりも高い音圧を出しやすい要因になっています

 

他にも生音系はダイナミクスの関係があったりしてそもそも凄まじい音圧が必ずしも良いとはされてなかったりするようですがこれについてもまた別記事で書こうと思います

 

2つの音源の比較

f:id:ytek:20180806195811p:plain

 

 

f:id:ytek:20180806192925p:plain

 

さてここで改めて2つの音源の周波数分布を比較すると後者は低域もよく出ていますし

全体的な帯域のバランスもとれています

 

しかし前者の僕の曲に関しては超高域の主張が激しすぎるかつ低域が足りていません

音源のソースも違いますして一概にこれがすべてとは言えないのですが、昨日感じた高域のシャリシャリが凄かったのはこの超高域をもう少し削ればよかったということと、低域の補強、そして全体的なフェーダーバランスが悪かった結果かなと思いました

 

あとはライブで爆音で流すという想定をもっとしていればって感じですね

普通にスマホとかで聴くぶんには問題ないなと思っていたのですが、自宅では

出せない音量で流すといろいろ粗がばれるなということを実感した日になりました

 

ちなみに一応画像左下にRMS値もピックアップしましたが、前者はイントロ部分、後者はサビ部分なので今回はあまり気にする部分ではないかなぁって感じです

 

また余談ですが、RMS値もメーターによって算出方法が異なるようなので自分で決めたひとつのメーターに絞って制作を進めたほうがいいかなとも思います

 

 

普段破壊兵器みたいな曲ばかりつくってるぶん歌ものはほんとにまだ苦手だと痛感しましたが、今後の制作に対する良い経験にはなったと思ってます

そしてボーカリストの方へ申し訳ございません

 

そんなわけで今回は周波数帯域の話でした!

 

Y-tek

 

 

スポンサーリンク